10分以内に勃起が可能

男性能力の向上

勃起不全治療薬レビトラ(成分名バルデナフィル)を服用時、投薬後15分から薬の効果が発現され最長12時間持続し、服用後2時間の性行為の成功率が70%に達するという研究結果が発表されました。

チェコスロバキアのプラハで開催された国際男性更年期学会で、レビトラの薬の効果の発現時間に関する研究結果が発表されました。

勃起不全を6カ月以上患ってきた約1千400名のED患者を対象に研究した結果、レビトラを服用した15分後に性行為に成功した患者は約52%、服用後120分後に成功した患者は約59%、服用後8時間から12時間の間に成功した患者は約64%ということが明らかになりました。

レビトラは効能の作用発現が速く、その効果が12時間まで持続され、男性たちが勃起不全薬に持つ大きな期待を裏切りません。また、勃起能力の向上にも効果があり研究に参加した臨床試験参加者たちはその効能を報告しました。

即効性に関する試験もありました。レビトラ10mgを服用した男性の中には性的刺激を受けると、10分以内に勃起が可能だったそうです。この結果は、ほとんどの男性が効能の迅速な発現を勃起の持続時間よりも重要だと考えていることに、バルデナフィルが合致すると言っています。

レビトラはバイエル社が開発した経口用勃起不全治療薬として、体内に勃起を抑制する代表的な酵素であるPDE5を選択的に抑制する薬です。

トップページ