30%という安さがメリットなのです

ジェネリック薬の中でも人気の高い製品
18.jpg

泌尿器科を訪れる男性たちは、様々な勃起不全治療薬があるという事実に驚いたそうです。最近では、勃起不全患者の性生活習慣とED薬の特性を考慮して薬を選択することができます。

50代以上の男性10名のうち8名は性的刺激を受けても陰茎が勃起しない、または勃起状態が維持されない勃起不全を経験していますが、この状態が3ヶ月以上続く場合は勃起不全治療薬を飲むべきと言われています。

勃起不全の80%は、陰茎に血液が十分に供給されないために発生すると言われています。陰茎に血液が供給されない主な理由は、体内で血液の供給を妨害するPDE5という酵素の活動が活発だからです。他の理由としては高血圧や高脂血症、動脈硬化、糖尿病などの血管疾患を患っていると、人体内の血管が狭くなり血液の供給が不足するため勃起に問題が発生することがあります。

また別の理由としては、ストレスのような心理的な要因が原因であるとされています。

勃起不全の効果的な治療とは、どのような方法があるでしょうか?以前は注射器で陰茎に薬物を注入し、血流を増やして勃起不全を改善していたそうです。しかし1998年にファイザー製薬会社がバイアグラを発売し、1回の錠剤の服用で勃起不全を治療することができるようになりました。バイアグラの発売以降、22年が過ぎた今では世界的に数十種類のED治療薬が販売されています。

アマゾン(Amazon)で販売されていないバリフは、様々なレビトラのジェネリック医薬品の中でも人気の高い製品です。レビトラと同じバルデナフィル成分で製造されており、レビトラのような効果があると言われています。 バイアグラと比較すると、食事の影響を受けずED薬の中でベストな即効性があります。服用して15分過ぎると効能が現れます。

薬の価格は正規品のレビトラの約30%という安さがメリットなのですが、楽天でも扱われていないということを知っておく必要があります。比較するとレビトラ20mgが1錠あたり約2,000円、レビトラのジェネリックであるバリフ20mgが1錠あたり約800円で、リーズナブルな単価で購入が可能です。ちなみにここで言っている20mgというのは、錠剤に含まれている成分のバルデナフィルの量が20mgだということです。国内でのバルデナフィルの容量は10mgが最大容量であるため、20mgを購入するにはオンラインで医薬品を通販するお店を見つける必要があります。

トップページ